At my karate club people call me Sensei, and my friends just call me Richard.

2009/11/10

Kindergarten Karate 幼稚園空手教室


My highlight every Tuesday is teaching Karate to the Seiritsu Kindergarten students with Kakiya Sensei's excellent support. We've been teaching Karate for the kindergarten for 4-1/2 years now! The practice lessons are 30 minutes long, first for 3-4yr olds, then 4-5yr old, and last for 5-6yr olds.

Last weekend, I heard about another private Karate club that has a kindergarten Karate program that is so strict the students often cry by the end. I was saddened to hear this because those kids will grow up with a negative view of Karate. It's important Karate practices teach discipline and a proper techniques, but lessons should also be fun too. I want to plant the seed of enjoyment of Karate for their whole life.

Our Karate lessons focus on enjoyment, basic form, and simple Budo ideas, like making sure everyone gets a turn. Kakiya Sensei is great at imparting these messages. Plus I try to mix Shiramizu's Arakawa Sensei's very positive approach to kid's classes with my own ideas to offer an unique experience.

Probably the kids will enter a new dojo when they become elementary students and be surprised the counting is done in Japanese, not English!


毎週火曜日のハイライトは垣屋先生のすばらしいサポートを受けての成立学園付属幼稚園の空手教室です。幼稚園で空手を教えて始めてから4年半になります。年少、年中、年長のクラスはそれぞれ30分間です。

先週末聞いた話では、ある私立幼稚園での空手教室はとても厳しく、毎回クラスが終わる頃には泣き出す子もいるとか。そういう子は空手に対してネガティブな印象を持って育つんだろうなー、と思うと悲しくなりますね。空手の稽古ではしつけとかきちんとした技とかが大切なのはもちろんですけど、稽古を楽しむということも同じ位大切であるべきじゃないかと思います。みんなが人生を通して空手をする喜びを分かってもらえるような種を植えていきたいです。

私達の稽古が重きを置いているのは、楽しむこと、基本、そしてみんな公平に順番が回ってくるといった武道の思想です。その点を垣屋先生はとても分かりやすく子供に伝えるのが上手です。白水修養会の荒川先生が得意とする幼児クラスの指導法と、僕自身の考えを融合し、独特な体験をしてもらえるよう日々努力しています。

年長さんが幼稚園を卒業して小学校に入学し、別の道場に入ってまず驚くのは、道場での号令が英語ではなく日本語であるということかもしれませんね(笑)


No comments: