At my karate club people call me Sensei, and my friends just call me Richard.

2009/12/10

Foot sweeps sweetness!! 愛しき足払いよ!!



'Me love zem foot sweeps!'

When the WKF rules changed 10 years ago to give difficult athletic skills more value, including awarding a foot sweep followed by a scoring technique the 3 maximum points, I think this change has since motivated competitors to try more challenging skills instead of relying on one or two techniques.

A good friend of mine, Reza Salmani (former UAE National Team Coach, former BC Team Head Coach) used to teach me a variety of rhythm footwork drills for foot sweep practice. I remember when we did this he would always say;

A good carpenter wears a large utility belt with many tools so he can build a wide variety of things. But a poor carpenter has a small belt with few tools so he can only build the odd thing.

This makes sense. Of course my problem is I have no handy-man skills, I can't even saw a straight line. But Reza Sensei's analogy is worth pondering, and it matches the idea that athletes should get more points for more challenging skills.

「足払いって、どわぁ〜い好き♪」

難易度の高い技にもっと価値を持たせるために10年前にWKFのルールが変更されたとき(足払い+得点技で3点を含む)、僕が思ったのは、このルール改定は一つや二つの技に頼る代わりに、より能力が試されるような技をやってみようと選手を駆り立てるだろうということでした。

僕の良い友人のレーザ・サルマニ(アラブ首長国連邦の旧ナショナルチーム監督、カナダのブリティッシュコロンビア州の旧チーム監督)は以前よく足払いの練習でさまざまなリズム・フットワーク・ドリルを僕に教えてくれました。 そのとき彼がいつもこんな風にいっていたのを思い出します;

良い大工は、さまざまなものを造ることができるようにたくさんの道具を大きな腰ベルトに装着している。しかし、そうでない大工は少しのものだけを作るように小さなベルトに少しの道具をぶら下げている。

道理にかなっていますよね。もちろん、僕の問題点は日曜大工というものには程遠い所にいるということで、、、のこぎりでまっすぐ木材を切ることさえできませんから。。。しかし、彼の例えは一考に値しますし、難易度の高い技をする選手に高い得点を与えるという考えに符合します。




The late Keinosuke Enoeda Sensei.



No comments: