At my karate club people call me Sensei, and my friends just call me Richard.

2013/03/07

Half-million refugee children today! 50万人は子供の難民!

A small Syrian child refugee injured.
写真;幼いシリア人の子供をケガしました。

Over one million registered Syrian refugees are now in neighboring countries, with many more unregistered yet.
今週になって100万人超のシリア人の難民が国際連合難民高等弁務官事務所に登録しましたが、登録が出来ていないひとがまだ多くいます。

And around 500,000 are children.
そして50万人は子供の難民なのです。
A common case is a mother who escaped over a border with 3 or 4 small children.
母親と3、4人の子供が一緒にシリアの国境を越え、隣国に逃げるというのが、よくあるケースです。

But many children are shot - wounded or killed - crossing the border.
しかし、多くの子供は国境を越えるときに射撃され、傷を負うか、命を落とすのです。

Lack of accommodation, starvation, disease, abuse, kidnapping, neglect and violence still threaten these children, as winter temperatures drop below zero and snow is still falling in many areas.
冬の気温が0度以下に下がり、雪がまだ残る地域が多くある中で、宿泊施設の不足、飢餓、疾病、虐待、誘拐、ネグレクト、そして暴力が、この子どもたちを更に脅かします。
In the 1990s, it was realized that the financial cost for Bosnian refugees was far greater than the final UN sanctioned military intervention that finally occurred.
1990年代に、ボスニアの難民のためにかかった財務費用は、最終的に国連が認可した軍事介入よりはるかに大きかったことが理解されています。

Congo, Sudan, Somalia, Afghanistan and other troubled spots exist, but now, today, can we each save at least one person from Syria...?
What does it say about us as a civilization if we can't?
コンゴ、スーダン、ソマリア、アフガニスタン、他にも問題が山積みの国は存在します。しかし今日、私たち一人一人が、せめて一人のシリア人を救うことはできないでしょうか?
私たちにできないのであれば、文明人とは一体何でありましょうか。
Donate now to the United Nations Refugee Agency.
ここから、国連難民機関に寄付ができます。

No comments: