At my karate club people call me Sensei, and my friends just call me Richard.

2010/09/27

Inspiring talk with Tokey Hill & US athletes! 奮い立たされるトーキー・ヒル先生と米選手の会話



This week I had a chance to talk with the first American to win a WUKO World Karate Championship, Tokey Hill Sensei, currently on the USA Karate Board of Directors and High-Performance Committee.

Tokey Sensei was also the first person to introduce to me plyometrics training specifically for karate back in the 90's, which helped me improve greatly.

In addition I spoke with his students, US Team members Billy Finegan (10x USA kumite champion & New York State Golden Gloves Boxing champion) and Ashley Hill (-61kg kumite athlete, 3rd place University World Karate Championships 2010). Both will be representing the USA at next month's WKF World Championships in Belgrade, Serbia.

Currently I'm working on a column for JKFan Karate Magazine about sport karate at the world level and Tokey Sensei mentioned the WKF has tried to get more technical and administrative information to country members, allowing for any country to develop superior athletes.

Billy and Ashley both spoke about the Internet & YouTube especially letting anyone be able to analyize other top athlete's competition performances.

Check out their New York dojo's website!

今週、僕はWUKO世界大会でアメリカ人として初めて優勝した経歴を持つトーキー・ヒル先生(現米国空手連盟の理事会員と強化選手委員会に在籍)と話をする機会を得ました。

また、トーキー先生は、90年代に英米空手に初めてプライオメトリックスのトレーニング法を導入した最初の人でもあり、そのトレーニング法は僕もとても参考にしました。

さらに、僕は米国チームのメンバーであるビリー・フィネガン(米国の組手チャンピオン10回、ニューヨークのゴールデン・グローブス・ボクシング・チャンピオン)と、アシュリー・ヒルと話をしました(2010年の世界大学空手選手権-61kg級組手で3位)。 両者は来月セルビアのベオグラードで開かれるWKF世界大会の米国代表選手です。

現在の僕は、世界レベルのスポーツ空手についてJKFan空手道マガジンにコラムを連載していますが、それに関連して先生は次のようにおっしゃいました。WKFは各国の会員が優れた選手の技術向上のために、より多くの技術管理情報が得られるよう、その情報入手に努めた、と。

ビリーとアシュリーはトップ・アスリートの試合の様子を誰もが研究出来るインターネットとYouTubeについても話していました。


Billy's highlights video.


Ashely's highlights video.

No comments: