At my karate club people call me Sensei, and my friends just call me Richard.

2010/05/20

Rice-planting! 田植え!

As part of the school's Earth Project, I helped the junior high school students plant rice last weekend. This was my first time to sink into rice paddy mud to plant the national food. I think for most of the students it was their first time too - it was obvious when many screamed 'Gross!' when they stepped in.

学校のアース・プロジェクトの一環として、先週末に中学生の田植えを手伝いました。この国民の食べ物を植えるのに水田に浸かるのは僕にとって初めてのことでした。多くの生徒も初めてだったと思います。だって足を踏み入れた途端「キモイイイ!」と叫んでた人がたくさんいましたから。


Having watched various old Japanese movies, I had this image that we would all sing rice-planting folk songs, but no one does this anymore I was told.

So I made up my own.

''I've been working on the rice-paddy, all the live long daaayyy...''

いろいろ古い日本映画を見ていたので、田植えの時に民謡を歌うイメージがあったけど、最近では歌わないそうです。

だから、僕の民謡の替え歌を作ってみました!

''I've been working on the rice-paddy, all the live long daaayyy...''
(オリジナルはI've been working on the railroad, all the live long day. アメリカ民謡です。)
訳注:童謡「線路は続くよどこまでも」のオリジナルはアメリカの民謡です。ここで原曲の日本語訳が見られます。日本語の楽しい汽車の旅の印象とは違って、厳しい労働を嘆いて歌われた曲です。
♪アーヴィンワーキンオンナレーイロー、オーダ リヴロンデーーーーー
♪でーん  しゃは はし るーーよー、どーこ まーでーもーーーーー
(リチャードは田植えの過酷な労働と、鉄道を作った人たちの労働とをかけて、朝から晩まで田植えぇぇぇ、と冗談で言っているんですね)

Thanks to the student's families who also helped.

生徒の家族も手伝ってくれました、ありがとう!

Lots of frogs, tadpoles, water striders and one student said they saw a small fish.
水田の中にたくさんの蛙、オタマジャクシ、アメンボがいて、「ちいさい魚を見つけた」と1人の生徒が言いました。

So, what's the karate connection? I was wearing a Japan High School National's t-shirt, and the boys beside me are in the junior high school club!

ところで、空手との関係ですか?僕は高等学校空手道選抜大会Tシャツを着ていて、隣にいた男子生徒は中学校空手道部メンバーなのです!

2 comments:

Anonymous said...

お疲れさまです。マナブManabuです。

我が家も、あと少しで田植えが始まります。

これは、私の勝手な考えですが、田植えは良い空手トレーニングになると思います。

足の指で地面をつかむ感覚を覚えたり、歩く時は常につま先から地面に着けるなど。

バランス感覚を養う助けになると思います。

リチャードはどう思いますか?

Richard Mosdell said...

Hi Manabu!
Yes, I think you're right!
Balance is very important.
And some students learned this quite clearly when they fell into the water too!